源泉分離課税とは?

源泉分離課税とは、株を売った際に、投資家が納税する代わりにあらかじめ証券会社が株を売却した金額の1.05%を差し引いて納税することです。

「お金を増やそう!」のトップページ

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー