普通取引とは?

普通取引とは、株式の売買契約が成立した日から4営業日目に決済が行われる取引のことで、市場で行われている一般的な取引はこの普通取引にあたります。

「お金を増やそう!」のトップページ

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー