ナンピン買いとは?

ナンピン買いとは、株価などが下がれば下がるほど、買い増していって、「平均単価」を下げていく投資方法です。

たとえば、株を2000円/株で1株だけ購入したものの、株価が1000円/株に下がった場合、更に1株だけ買うようなことを指します。こうすると、「1株2000円、1株1000円=2株で3000円の費用がかかった=1株あたり1500円(3000÷2)で、2株購入したのと同じ=平均単価は1500円/株」ということになりますよね。つまり、株価が下がれば下がるほど、買い増していくと、「平均単価」が下がるわけです。

いつか、株価の下落が止まって上昇すると、得するという投資方法です。ただ、そのまま株が下落し続けて、多きな損をするかもしれないという危険な側面もあります。

詳しくは、難平買い(ナンピン買い)にて。

経済・株・FXの用語集のトップページ
「お金を増やそう!」のトップページ

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー