株の買い方

■1.心配な人は「仮想取引」をしてみましょう!

仮想取引をするのもいいですし、Yahooファイナンスや、新聞で、「この会社の株を買ったことした」と決めて、日々、値動きを見ていくというのでもいいかと思います。

まずは、株に興味を持つことから始めましょう。

■2.証券会社に口座を開きましょう!

証券会社に、お金を入金すれば、証券会社に口座を持つことができます。株を売買する時は、この口座に儲かったお金が入金されたり、株を買った代金が引かれたりします。

ただし、銀行などとは違って、「口座維持費」というものがかかります。つまり、何もしなくても、月々、お金をとられるわけですね。ただ、最近は口座維持費が無料の証券会社も増加してきましたが。

ちなみに、株式投資ができる証券会社(一覧)にて証券会社を紹介しています。

■3.どの株を買うか考えよう!

財務諸表を読んだり、板情報を見たり、出来高ランキングを見たり、どの株が儲かりそうか調べる方法は、色々あります。

しかし、初心者のうちから、いきなりすべてをしようと思うのは無理なので、「この商品は無名の会社が作っているんだけど、結構いいな〜。きっと、この会社、将来伸びるよ」という身近な情報を元に、買う株を選んでみてもいいかもしれません。

いくら分析しても、損する時は損しますしね。

ただ、どの株を買うか考える時は、注意すべき点があります。

それは、多くの株は「セット販売」ということです。つまり、多くの株は、1株から買えず、1000株など「セット」で買わなければならないのです(単元株)。つまり、もし、1株500円、1000株ごとしか買えない場合は、最低「50万円」必要なわけです。

自分の資金と見比べて、買うことができる株を探しましょう。

スポンサード リンク


■4.注文をしてみよう!

証券会社の管理画面を見ながら、注文を出すわけですが、この注文がややこしいんですよね(慣れればややこしくないですけど)。注文には、主に2種類あります。

・成り行き注文
いくらでもいいから、とにかく買いたい時に出す注文です。たとえば、「100円/株→110円/株→120円/株」のように値上がりしている時、成り行き注文を出すと、100円/株で買えるかもしれませんし、110円/株で買えるかもしれませんし、120円/株で買えるかもしれません。まさに「成り行き」次第で、買うタイミングが決まるわけです。

成り行き注文を出している人が優先して買うことができるので、どうしてもほしい場合は、成り行き注文を出しましょう。

・指値注文
「××円になったら買う!」と自分で決めて、注文を出す方法です。たとえば、「100円/株→110円/株→120円/株」のように値上がりしている時、「110円/株」で指値注文を出すと、110円/株で買えるかもしれません。

ただし、成り行き注文を出している人が優先して購入できるので、買えないこともあります。

■5.株を売ろう!

あとは、株を売れば、売買益を得ることができますが、株を売るタイミングも難しいんですよね。欲張りすぎると損しますし、謙虚にいけば儲かりません。

株式投資のトップページ
「お金を増やそう!」のトップページ

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー