不動産物件を購入する際のポイント

不動産物件は、株式投資などと違って長期戦になることが多いので、出来るだけ前調査してから、投資することをお勧めします。
では、何を調査すればいいのでしょうか?
いくつかポイントを、まとめてみました。以下は「概要」ですので、詳細は、別のページを参照してください。
※)以下は最低限のポイントです。

スポンサード リンク


最低限外せないポイント

1.統計資料
人口推移などの統計資料を見ると、ターゲットが設定できます。ターゲットが設定できれば、購入する地域も決まってきます。

2.空室率・価格動向
地域が決まれば、不動産流通機構や不動産業者のホームページや、不動産広告で、空室率・価格動向を調べましょう。

3.住宅地図
ある程度、物件が決まってくれば、不動産業者にコンタクトをとって、「住宅地図」のコピーをもらって、詳細に近所を分析しましょう。

4.立地・環境
価格的に良さそうなものがあれば、立地・環境を見てみましょう。

5.不動産業者の信頼度
どんなに良い物件でも、不動産業者の信頼が出来ない場合は避けましょう。

6.現物を見ましょう
建物の状態、地図からわからない実際の状態を調べにいきましょう。

「不動産投資」のトップページ
「お金を増やそう!」のトップページ

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー