メールマガジンを発行して収入を得る方法

メールマガジンとは、例えると、無料で色々な情報が得られる雑誌でしょうか。このメールマガジンを発行すれば、無料で収入が得られます。

というより、以下のように思いませんでしたか?
すべての疑問にお答えします。

1.メールマガジンって何?
2.メールマガジンの発行ってどうするの?大変なの?全くの素人でも発行できるの?
3.そもそもメールマガジンを発行して、収入が得られるの?

スポンサード リンク


メールマガジンって何?

まずは、メールマガジンを知らない人は、「百聞は一見にしかず」です。有名なメールマガジンスタンドの「まぐまぐ」を見てください。色々なメールマガジンがあります。それを見れば何かわかるようになります。

メールマガジンの発行ってどうするの?大変なの?全くの素人でも発行できるの?

■発行ってどうするの?

メールマガジンの発行は大体、以下の手順です。

1.自分で考えた文を「メモ帳」などに書きます。
2.「まぐまぐ」などで、その文を、いつ配信するのかを登録します。

たったこれだけです。

■大変なの?

ネタがあるうちは、苦もなく書くことができますが、1年、2年と時間がたつにつれて、ネタ切れで、しんどくなってきます。しかも、ホームページは一度作ってしまえば作るのをやめても、ずっと残りますが、メールマガジンはどんなに有名になっても発行しなくなれば、それで終わりです。継続した努力が必要なので、ネタによっては結構大変かもしれません。

■全くの素人でもできるの?

メールマガジンを発行している大部分の方は、全くの素人です。文より内容でしょうか。もっとぶっちゃけて言うと、1.みんなが関心のあるネタ(ダイエットなど)で、2.読者数を集めるテクニックを知っていれば文が下手でも読者数は集まります。

つまり、文を書いたことのない全くの素人の方でもメルマガを始めることができます。

■そもそもメールマガジンを発行して、収入が得られるの?

では、メルマガがどのような収入をもたらしてくれるのでしょうか?
企業は、メルマガを、ダイレクトメールと同じくらい効果がある広告手段と考えているようです。なので、メルマガを発行していると、発行部数によりますが、企業は、自分の広告をメルマガに有料で載せてほしいと直接、交渉にきます。メルマガに一回、広告を掲載するだけで、現金収入が得られます。

またホームページでも説明しましたが、メールマガジンの世界にも、広告会社があります。それに無料登録すると、1.クリック課金、2.配信部数課金の2通りの収入が得られます。

・クリック課金とは、「自分のメールマガジンに広告会社が指定する広告を載せる→読者がクリックする→収入が得られる」という流れです。
・配信部数課金とは、「発行部数×0.3円(例)」の収入が得られる方法です。

つまり、1万部発行していれば、1のクリック課金の場合だと、1回の発行ごとに、1万部×0.3%(予想クリック率)=300円、2の配信部数課金の場合だと、1万部×0.3=3000円の収入が得られます。

これを、毎日発行して、複数の広告を載せると、バイト代並に稼げます。
※)今はクリック課金の方が主流です。

また、メールマガジン自体を有料にすることもできます。詳しくは別のページにて紹介します。またメールマガジンで人気がでれば、本になって印税収入が入るかもしれません。

ちなみに、以下の書籍にはメルマガでお金を稼ぐコツが掲載されています。
ネットで稼ぐ発想術

儲けられる金額:★★★☆☆
手軽さ:★★★★☆
損する可能性:☆☆☆☆☆
継続した努力:★★★★☆

※)★があればあるほど大きいということです。
※)★の数は目安です。

その他の収入を得る方法のトップページ
「お金を増やそう!」のトップページ

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー