為替心理説とは?

為替心理説とは、市場を動かすのは人(市場参加者)。つまり、為替レートは、市場参加者の心理で動くというものです。

例えば、要人がいきなり「金利を上げるかもしれへんで。でも、どうしようかな〜。迷っているねんな〜。君、どうすればいいと思う?」なんて発言しただけでも、市場参加者は、色々なことを考えて、貨幣を売り買いするわけです。このように人の心理状態から、為替レートの変動を予測しようとしたのが、為替心理説です。

一気に値動きすることがあると、あせって、売買する人が増加することが容易に想像できますよね。だからといって、この為替心理説がすべてではありませんが。

「FX」のトップページ
「お金を増やそう!」のトップページ

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー