日銀短観(企業短期経済観測調査)とは?

日銀短観(企業短期経済観測調査)とは、日銀が直接、企業に景気の現状と先行きをアンケートする調査のことです。この短観が、日銀の景気判断の一つであるので、「短観の値次第では、日銀の金融政策に影響があるかもしれない」と考える人が多く、注目されます。以下の2つの短観があります。

■主要短観
資本金10億円以上の企業を中心に約700社

■全国短観
従業員50人以上の法人約1万社

日本銀行が3、6、9、12月に調査を行なって、通常は4、7、10、12月頃に発表されます。

ちなみに、日銀短観などの経済指標は、注目されていれば、為替などにも影響を及ぼして、注目されていなければ、変動しないというものです。必ずしも理屈どおりに値動きしないですね。

経済・株・FXの用語集のトップページ
「お金を増やそう!」のトップページ

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー