IPO(新規公開株)とは?

IPO(新規公開株)とは、初めて上場する会社の株式のことです。

上場前:売り出される価格:公募価格(売出価格)
上場後:市場で初めて売買が成立した時についた価格:初値

現在は、「公募価格<初値」となる確率が高いので、IPO(新規公開株)への投資が儲かる確率が高いといわれています。IPO(新規公開株)を買えるかどうかは「抽選」で決まるので、当然、皆が申し込むと当たる可能性は低くなります。というより、ほとんど買えないです(2006年時点)。

ちなみに、企業は何故上場するのかというと、上場すると、資金を調達しやすくなるだけではなくて、知名度が上がって、社会的な信用が高まるためだと言われています。

経済・株・FXの用語集のトップページ
「お金を増やそう!」のトップページ

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー