最適ポートフォリオを組む!

例えば、アメリカに関するテロ・戦争が起きると強くなる「スイスフラン」と、逆に弱くなる「ドル」があったとします(あくまで例えばの話です)。つまり、以下のような流れが起きるとします。

1.アメリカに関するテロ・戦争が起きる
2.戦争になっても、中立国のスイスの貨幣なら安心
3.ドルを売ってスイスフランを買おうとする人が殺到する
(=売りたい人が殺到するドルは、価格が下がっていって、買いたい人が殺到するスイスフランは価格が上がっていきます)

あなたは、1億ドルを持っていたとします。
もしアメリカに関するテロ・戦争が起きら、あなたなら、どうしますか?

皆がドルを売ろうと殺到するのですよね。すると、ドルの価値は下がりませんか?つまり、ドルの価値が急激に下がっていくので、あなたは何もしていなくても、あなたの資産は減っていくわけです(逆にスイスフランを持っていた人は、何もしなくても資産は増加していきます)。こんなことはありえませんが、例えば、テロ・戦争の被害で、アメリカという経済大国が崩壊したとすると、あなたの持っていた1億ドルの資産は0になってしまうのです。

何が言いたかったのかというと、ドルしか持っていない場合、ドルに何かがあると、その影響を100%受けてしまうのです。そこで、資産を分散(投資先を分散)させる必要がでてくるのです。

もし、あなたは5000万ドルのドルと、5000万スイスフランを持っていたとします。
ある日、アメリカに関するテロ・戦争が起きました。すると、どうなると思いますか?

5000万ドルの価値はドンドン下がっていきますが、5000万スイスフランの価値は逆に上がっていきますよね。トータルで見ると、プラス・マイナス0とは言わなくても、被害の額は最小に押さえることができます。

このように、資産を分散(投資先を分散)させて損の額を最小限に留める最適な状態を作ることを「最適ポートフォリオを組む」といいます。

スポンサード リンク


外国為替保証金取引の話に応用

外国為替保証金取引では、「値動きが正反対の貨幣をペアで購入する」といいのではないでしょうか。そうすると、損の額を最小限に抑えることができます。

ここで、問題になってくるのが、2つの貨幣を、どのような比率で購入するのかです。例えば、ドル1に対してスイスフランを1にすべきなのか、ドル1に対してスイスフランを10にすべきなのかを決定しなければなりません。この比率をうまく設定できれば、ドルが強くなって、スイスフランが弱くなっても影響は0ですし、ドルが弱くなって、スイスフランが強くなっても影響は0です。つまり、何が起きても、資産が減ることはないのです。

ここで疑問に思いませんでしたか?

外貨保証金取引は「為替の変動」で儲けるものなので、「値動きが正反対の貨幣をペアで購入する」と儲けも0になるのではと。つまり、先ほどの例えで説明すると、ドルで儲けても、逆の値動きをするスイスフランで損するので、結局儲けは0円になるのではないのかと。

その通りです。

「値動きが正反対の貨幣をペアで購入する」と、為替の変動で儲けることができなくなります。その代わりに「利息」で儲けることができるようになります。ポンドの場合、1万単位の取引でも1日で200円くらいの利子がつきます。つまり、為替の変動がなかったとすると、1万単位の取引でも、1ヶ月で6000円儲かるのです。

もし、うまく最適ポートフォリオを組むことができたのなら、利息で儲けることができるようになるのです。しかし、最適ポートフォリオを組むには、色々な貨幣を購入しなければならなく、多額の資金が必要です。

つまり最低取引単位の低い会社を探さないといけないのですが、最低取引単位が低い会社などは以下で探してみてください。

外国為替保証金取引ができる会社

最適ポートフォオの組み合わせを考えて、利息で儲けましょう!

「FX」のトップページ
「お金を増やそう!」のトップページ

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー