TOB(株式公開買付)とは?

TOB(株式公開買付)とは、買付株数、買付価格、買付期間などを公示して、市場を通さずに株主から直接的に株式を購入して、企業を買収する方法のことです。

TOB(株式公開買付)の図

でも、何故、わざわざ市場を通さずに株を購入するのでしょうか。

企業を買収するだけの株式を購入しよう思えば、ものすごい株数を購入しないといけないですよね。ものすごい株数を購入すると、株価はどうなると思いますか?

例えば、オークションを思い出してください。
オークションなどで買いたい人が増加すると、価格が釣りあがっていきますよね。それと同じです。ものすごい株数を購入しようとすると、株価が跳ね上がっていくのです。こうなると、企業は買収にいくらお金がかかるのか、全く読めなくなってしまいます。

そこで、市場を通さずに、株主から直接購入するのです。それがTOB(株式公開買付)と呼ばれる制度です。ちなみに、TOBでは、市場の2割り増しくらいで株を購入してくれるそうです。

経済・株・FXの用語集のトップページ
「お金を増やそう!」のトップページ

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー