スワップ金利とは?

スワップ金利を、ものすごく簡単に説明すると「利息」です。

スワップ金利が「+(プラス)」なら、1日あたり「利息」をもらえますし、「−(マイナス)」なら、1日あたり「利子」をとられます。

具体的に書くと、FX業者の管理画面に「1万ドルあたりのスワップ金利収入 買+150円 売−140円」などとあれば、ドルを買った場合は1日あたり150円のスワップ金利を得ることができて、売った場合は1日あたり140円のスワップ金利を支払う必要があるわけです。

為替差損益に比べると、スワップ金利は「オマケ」くらいにつきませんが、長期投資する場合は、大きなものになります。

経済・株・FXの用語集のトップページ
「お金を増やそう!」のトップページ

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー