商品先物取引とは?

商品先物取引とは、その名の通り、商品先物(コモディティ)を取引する投資です。商品先物とは、原油やガソリンなどのエネルギー、小麦や大豆などの農産物、金や銀などの貴金属など一次産品のことです。

商品先物取引は、東京(工業・穀物)、中部大阪、関西の取引所で取引をします。取引手数料は片道300〜500円程度で、レバレッジは先物業者によって異なりますが、最大10〜40倍ほどです。

最近では、CFDにて、商品先物を取り扱えるようになりましたので、CFDでの取引も視野に入れるといいのではないでしょうか。

CFDとは?
CFDができる会社(一覧表)

商品先物取引のトップページ
「お金を増やそう!」のトップページ

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー