証券会社の専門家のレポートやメールマガジンを読もう!

多くのFX業者では、専門家のレポートを無料で公開しています(インターネット取引の場合)。

私は様々な専門家のレポートやメールマガジンを積極的に読んでいます。
レポート通りに投資すると必ず得するから読むわけではありませんし、逆にレポート通りに投資すると損する場合も多いです。
では、なぜ読むのでしょうか?

スポンサード リンク


色々な専門家のレポートを読んでからFXをする理由

■1.知識がつく

読んでいると、わからない言葉が出てきます。その言葉の意味を調べていると、色々な知識が自然に身に付きます。

■2.なぜ、そのように為替レートが変化したのかの分析がある

一日中、取引をしている人なら、自分で分析をすればいいのですが、多くの方にはそのような時間はないと思います。専門家のレポートには、何が起きて、為替レートが変化したのか、専門家なりの分析・意見が書かれているので、情報集めをしなくても、簡単に情報を集めることができます。ちなみに、一人の専門家のレポートばかり読むと考え方が偏ってしまうので、私は複数のレポートを読むようにしています。

■3.多数派、少数派がわかる

意外だと思うかもしれませんが、専門家の意見もわかれる場合があります。参考までに、例を紹介しておきます。

<多数派、少数派が分かれた例>
これを書いている時点の話ですが、110円/ドルだったのが、短期間で102〜103円/ドルになりました。

・104円/ドル付近まで
ほとんどの専門家が、円高に進むと指摘していました。実際、110円/ドルくらいだったのが、一気に、104円/ドル台になりました。

・103円/ドル台
この時から、日銀の介入の話がチラホラ見え始めました。実際、円高になるペースが落ちてきました。しかし、多くのレポートでは100円/ドルを切るまで介入はないと書いてありました。

・102〜103円/ドル台
「そろそろ円高が止まるのでは?」という専門家も出始めてきました。介入に関しても、日銀が準備を始めたなどの情報も出始めてきました。一方、依然、100円/ドルを切るまで介入はないと書いてあるレポートもありました。
このように色々なレポートを読むと、今、どの意見が多数派で、どの意見が少数派なのかわかります。多数派だからといって、必ず当たるわけではありませんが、参考にはなります。とにかく、時間がある限り、専門家のレポートを読むのもいいかもしれません。

FX業者によって、お抱えの専門家は違うので、そういう意味でも、複数のFX業者の口座をもった方がいいわけです。色々なFX業者の管理が面の専門家の意見を読めば、真実が見えてくるかもしれませんよ。

「FX」のトップページ
「お金を増やそう!」のトップページ

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー