不動産投資の特徴

不動産投資は、どのような特徴があるのでしょうか。

・収入の安定性

比較的、安定していると言われています。ただ、空室率の問題がありますし、時代によって状況は変わっていくので、必ず安定しているわけではありません。

・不動産の管理に手間がかかる

株式投資は、実際に企業の事業に関わる機会が少ないですが、不動産投資は、いわば「大家さん」です。つまり、不動産の経営者になるようなものなので、管理は管理会社に任せるとしても、管理会社の管理状態や、不動産の管理状況を、見なければなりません(ただし、証券化投資は除く)。

・火災・地震のリスクもある

株券は、企業が倒産すると、紙切れになる可能性がありますが、不動産は火災・地震などで、建物がなくならない限り、ある程度の価値は保たれます(0にはなりにくいです)。ただ、火事・地震は絶対に起きないとは言い切れないので、保険に入ったりしてリスクヘッジする必要があります。

・隣でも違う物件

株式は、同じ会社であれば、1株ずつ、すべて全く同じものですが、不動産の場合は、同じ地域・近所でも、もっと言うなら、隣でも日当たりがいい、悪いなどで、価格が変わります。つまり、物件を購入する際は、きちんと前調べした方がいいというわけです。

スポンサード リンク


不動産投資に必要な資金

不動産投資といえば、一戸建てやマンションを買って、大家になることです。一戸建てやマンションといえば、高額ですよね。

・現物不動産投資の場合(自前の資金で投資する場合)

通常は数千万円の資金が必要です。ただ、築年数がかなり経っている団地、地方の一戸建てなどだと、数十万円から300万円ほどでも購入できます。

・現物不動産投資の場合(融資(ローン)を利用する場合)

現物不動産投資の場合、担保の有無、銀行との関係などによって異なりますが、自前の資金は0円から不動産と資することができます。

・証券化不動産投資などの場合

株と同じように小口で購入することができます。

「不動産投資」のトップページ
「お金を増やそう!」のトップページ

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー