住宅着工件数とは?

住宅着工件数とは、月間に建設された新築住宅の戸数のことです。つまり、その月に、建った家の数というわけですね。

この住宅着工件数は、為替レートに大きな影響を及ぼします。

何故、新しく建った家の数が、為替レートに影響を及ぼすのかというと、家が建てば、大量の家電や家具なども売れるためです。つまり、どれだけ新しく家が建ったのかを見ることで、どのくらい家電や家具なども売れるのかがわかり、経済状態を予測できるわけです。

公表された住宅着工件数次第では、大きく為替レートが動くことがあるので、外国為替保証金取引(FX)をする際には、要注意の経済指標です。

「FX」のトップページ
「お金を増やそう!」のトップページ

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー