消費者物価指数とは?

消費者物価指数(CPI)とは、簡単に書くと、(小売段階の)物価が、どの程度下落したのか、どの程度上昇したのかを示している指数です。

この消費者物価指数は、為替レートに影響を及ぼさないといわれていますが…。

消費者物価指数の伸び率が高いということは、物価が上昇していることですよね。つまりインフレになっている恐れがあるわけです。インフレが続くと経済に良くないので、インフレを抑制する必要がありますが、通常、インフレには、利上げで対応します。利上げすると為替レートに大きな影響を及ぼしますよね。

このように、消費者物価指数は、利上げに間接的に影響を及ぼすこともあるので、為替レートに影響を及ぼさないといわれていますが、見ておいた方がいいかもしれません。

「FX」のトップページ
「お金を増やそう!」のトップページ

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー