FXで儲かる仕組み

ネットサーフィンしていると、FXで儲けたとか書かれていますし、FXで億単位を儲けて脱税していたなんてニュースも流れることもあります。FXは儲かるイメージがありますが、そもそもFXをすれば、なぜ儲かるのでしょうか。

スポンサード リンク


FXは難しくない

FXといえば、難しいイメージがありますが、実はそれほど難しいものではありません。
たとえば、アメリカに海外旅行に行く時に、「円」を「ドル」に両替すると思います。アメリカから帰ってくれば、今度は「ドル」から「円」に両替すると思います。
かなり大雑把に言うと、FXとは、この両替と仕組みは同じです。
他の国の通貨(例:ドル、ユーロなど)を買ったり、売ったりすることで、儲けるのです。
でも、通貨を売買するだけで、なぜ儲かるのでしょうか。

売買で差益を狙う!

よく、ニュースとかで、1ドル108円などと聞いたことがありませんか?

例えば、旅行の資金が100万円あるとします。1ドル100円の時に旅行に行こうと思って、ドルに両替しました。手元に何ドル入りますか?
※)手数料は0円とします。

100万円÷100円/ドル=1万ドル手に入りますよね。
※)この計算がわからない場合は、「わかる蔵!FX(外国為替証拠金取引)シリーズ」をご覧になってください。

でも、数ヵ月後、結局、旅行に行けなかったので、再び円に戻そうと思いました。この時、1ドル110円になっていました。すると、1万ドル×110円/ドル=110万円、手に入ります。

??

はじめは、100万円あったのに、110万円のお金に増えています。

このように為替は常に変動するので、両替するだけで、収入が得られたり、逆に損したりします。円をドルに変えて、それから少し時間がたった後に、手持ちのドルを円に戻すだけで得をすることがあるということです。

これがFXをすると儲かる1つ目の理由です。

スポンサード リンク


保有して、金利で儲ける!

国によって金利差があります。例えば、ニュージーランドでは金利が6%で、日本は金利が0.1%のような感じです。当然、ニュージーランドドルを持っていたほうが、利息は高くなりますよね。2005年の時点では日本は金利が非常に低く、他の国の方が、金利が高くなっています。つまり、FXをして、他国の通貨を保有すると、円で持っているよりも高い利息がつくことがあるのです。

これが、FXをすると儲かる2つ目の理由です。

レバレッジで儲ける!

FXは、手持ちの資金が少なくても、金額の大きな取引ができます。
※)レバレッジについては、「わかる蔵!FX(外国為替証拠金取引)シリーズ」でも、わかりやすく丁寧に解説しています。

てこの原理、レバレッジですが、詳しくは別のページで説明します。

これが、FXをすると儲かる3つ目の理由です。

損する場合もある!

通貨は「上がる」か「下がる」かの2つに1つなので、FXは全くの素人が始めても、損する確率は50%です。つまり、確率的に言えば、全く勉強しなくても、2回に1回は得するということです。競馬、パチンコ、宝くじと比べると、はるかに成功する確率は高いです。でも、世の中、そんなに甘くありません。思ったのと逆に進んで、大きく損する時もあります。

大きく損したくないですよね。
だから、FXをする人は、損する確率を減らすテクニックを勉強するのです(確実に損しないわけでもありません)。

損の確率を減らすテクニックを説明する前に、どのような取引があって、具体的にどうやって取引を開始するのかについて説明します。

「FX」のトップページ
「お金を増やそう!」のトップページ

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー